スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり熱海日帰り旅~その2~☆2010年12月 

~その1~からの続きです。

大湯大湯
大湯
続いて向かったのは、『大湯』。
こちらには古来からの間欠泉があり、昔は大きく噴き出していたそう。
今でも湯気が吹き上がっています。
また、横には「市外通話発祥の地」の記念として設置された公衆電話もあります。
今回初めて知ったのですが、日本で初めての市外局番が東京⇔熱海だったとのこと。

干物干物
大湯の近所では、干物をつくっているのも見かけました。
独特のにおいが海辺の町なんだなぁ~と思いました。


続いて向かったのは、喫茶店「ボンネット」。
店内の内装は、時が止まったようなレトロで懐かしい、ほっと落ち着けそうな
あたたかな空間。熱海では有名なお店だそうです。
ボンネットボンネット
ボンネット

ボンネットのコーヒーボンネットのコーヒー
ボンネットのハンバーガーボンネットのハンバーガー
こちらが、50年以上変わらないという伝説のハンバーガー(セットコーヒー)
レタスとオニオンは別添えで自分で挟みます。
うん、よくあるハンバーガーとは少し異なり優しい感じ。どことなく懐かしい。
コーヒーもサイフォンで。
チキンバスケット
そして、チキンバスケット。
チキン・バタートースト・ポテト・レタス という組み合わせ。
このフライドチキンが本当に驚き!
鶏特有の臭みなどが全く無く、身は柔らかく脂肪が少ないのであっさり。
きめ細かなパン粉の衣はサクサク感がありながらも、とても上品に感じました。
私にはとても好みな味で、すっかりチキンバスケットの虜に。
実はこの後も熱海を訪れる度にボンネットに寄り、チキンバスケットを頂いている
のですが(外せない)、あぁ、思い出すだけでもまた食べたいです。

純喫茶の魅力にとりつかれたのは、こちらのお店がきっかけでした。
この様な雰囲気が好きな方にはたまらないお店(そして熱海という街も)だと思います。


~その3~へ続きます


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miiodekake.blog8.fc2.com/tb.php/1180-62f80f15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。