ルーム・だんらん(09年01月宿泊)☆浦安ブライトンホテル 

ルームだんらん

少し前の話となりますが、1月に浦安ブライトンホテルに宿泊しました。
今回のお部屋は、ずっと気になっており1度泊まってみたかった『ルーム・だんらん』

数日前より、写真のサイズを少し大きくしました。 写真をクリックすると少し大きなサイズと
なるかと思いますので大きな写真でご覧になりたい方はクリックしてみてくださいね。

お部屋の内部・景色などは全て追記よりアップしております。
お手数ですが 『続きを読む』 よりご覧下さい。
ルームだんらん

ルームだんらん

ベッド周りは2段高くなっており、フローリングのようになっているので靴を脱いで過ごします。
ステップでリビングスペースとベッドスペースが分けられているのですが、不思議な感じ。
ベッドも低く、床からお布団が敷いている感じなので、おうちと変わらない雰囲気でもあります。
ふっかふかのベッドもとても気持ちよく、よく眠れました。
お部屋に入ってすぐに目に飛び込んでくるふかふか(そうな)ベッド。 案内してくださった方が
出て行かれ、一通り事を片付けた後に勢いよく飛び込んだのは言うまでもありません(笑)

ルームだんらん

ルームだんらん

ルームだんらん

バスルーム・ミニバーなどは、以前宿泊したファミリールームと大差なかったように思います。
変わらず、どのお部屋でも入浴剤も用意されているのが嬉しいです。

ルームだんらん

ルームだんらん

リビングスペースにはソファーとミニテーブル・イスも用意されていました。
決して広すぎるという空間ではありませんが、それぞれのスペースはきちんと確保されており
こちらでも寛いで過ごすことができます。

ルームだんらん

加湿器も備え付けてあるのですが、丸みを帯びたデザインが可愛らしく感じました。
見た目は良いのですが、やや弱く感じたような・・・季節柄というのもあるのかもしれませんが。。

ルームだんらん

前回のお部屋にもあったのかは分からないのですが、今回案内してくださった際にお部屋の
説明をお願いしたら、こちらの空調設定のところでなんと、室内気温や外気温も分かるとの事。
室内気温はさることながら、外気温もスイッチを押すと表示されるとは驚きです。
お部屋を出る前に、服装など調節することができるので、これは便利な機能だと思いました。
今まで見たことが無いのですが、新しそうでもなく・・・私が知らなかっただけかもしれません。

ここからは、お部屋からの景色です↓
景色

景色

景色

お部屋からは新浦安の駅、そしてエミオン(笑)、うっすらとディズニーシーも見えました。
今回は割と高層階のお部屋だったので遠くまで眺めることができたように思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こうしてみると、浦安には多くのホテルがあるのですね~。
いつかはオフィシャルもパートナーも…全部のホテルを制覇してみたいです★
こちらのブライトンホテルも、落ち着いた雰囲気でいいですね!お布団のようなベッド、お部屋に欲しいんです♪♪気持ち良さそう~~飛び込む気持ちもわかります(笑)
お風呂とトイレもセパレート型で清潔で、使いやすそう!!
お部屋のお名前の通り、家族だんらんで^^まったり過ごせそうですよね~~♪♪

「だんらん」って部屋の右側にベットがある部屋と
左にある部屋があるんですね。
いつも右側のお部屋だったんでちょっとびっくりでした。
私もミニマニもお気に入りの部屋でブライトン泊っていうとだいたい「だんらん」です。
お風呂が深いんですよね!バブがあるのもうれしい。
ベットなんだけど床にお布団ひいて寝る感があって
いいんですよね。

広くて過ごしやすいお部屋ですね。
靴を脱いでくつろげるのは
疲れた体にはありがたいですね。

ERIKAさんへ

舞浜・新浦安エリアのホテルは多いので、色々な選択肢がありますよね。
私もオフィシャル・パートナー全て宿泊している訳ではないので
何とも言えないのですが、それぞれのホテル毎に特色があって
使い分けられそうな気がします。
ブライトンは駅前という立地も魅力的なのですが、客室数が多くなくて
アットホームな雰囲気がお気に入りなんです♪
全室洗い場付きのお風呂というのも、ポイント高いですよね~。

Qちゃんへ

そうなんですね! 私は今回初めてだったので何も感じなかったのですが
次回右側ベッドのお部屋だと違和感感じるかもしれません。
お布団の間隔で寛げる、ルーム・だんらん。 私も好みでした♪
ブライトンも最近お気に入りで、泊まりたいホテルが増えてきています(笑)

ママごんさんへ

靴を脱いで過ごすことができるのもそうなのですが、上のスペースが
大きいので、荷物の整理なんかも楽そう・・・と感じました。
ご家族でも、過ごしやすいお部屋ですよね。
和室と洋室のいいところを合わせたようなお部屋で、なるほど~と思いました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miiodekake.blog8.fc2.com/tb.php/252-7f0538e2